ムダ毛処理、シェーバーと脱毛器どっちがお得?

ムダ毛の処理をする時、シェーバーと脱毛器ではどういった違いがあるのでしょうか?
シェーバーは「ムダ毛を剃る」
脱毛器人気ランキングは「ムダ毛を抜く」
この違いが分かっていても、それぞれのメリット・デメリットってイマイチ分からないって方も多いのではないでしょうか?
ここでは、それぞれのメリット・デメリットを考えてみましょう。

まず、シェーバーのメリットは、なんといっても「コストの低さ」でしょう。
シェーバーはカミソリにしろ電子シェーバーにしろ、コストが非常に安いです。
使用するものは「シェーバー・シェービングフォーム(クリーム・ジェル)・アフターケア用品」位で、数百円~数千円で事足ります。
しかし、シェービングの場合は肌へのダメージが避けられないというデメリットがあります。

それに対して、脱毛器のメリットは「肌へのダメージが少なく、制毛出来る」という部分です。
脱毛器は「ムダ毛を抜き、かつムダ毛の発生を抑える」という機能があるので、処理を続ければ続けるだけ、ムダ毛の数を減らすことが出来ます。
これは、シェーバーにはない脱毛器の魅力ですよね。
デメリットは「本体が高価・ランニングコストがかかる」というものです。

どちらも一長一短ですが、長い目でみれば脱毛器の方が優れていると言えるでしょう。
肌ダメージが少ないということは、肌トラブルを抑えられるという事ですし、その分肌を健やかに保つことが出来ます。
将来への投資という意味で、脱毛器を購入・使用するのも良いかもしれませんね。

お金を借りる所はどんなところがある?

生きていく上で欠かせないものは何でしょうか。やはり多くの人がお金を挙げることでしょう。食べるものや着るものを用意したり、住まいを持つためにも必要になりますし、ないことには生活が立ち行かなくなってしまうものです。労働をして収入を得ることができればいいのですが、時にはそれでも不足してしまうこともあるでしょう。そういったときには、どうにかお金を工面することになるでしょう。
そこでお金を借りる所を考えるわけですが、いろいろな所を挙げることができるでしょう。近しい身内や知り合いなどから借りることができれば、とても簡単ですが、一方でしっかりと返済できないと関係を悪化させる原因になってしまいます。すっきりと利害関係のないところに借りるようにしたいのなら、金融会社に借りるほうがいいといえましょう。
金融会社としては、消費者金融をはじめとして、銀行やクレジットカード会社など、いろいろなところで借入が可能です。ただ、それぞれ特徴があるので、それを知ってからどこに借りるのがいいのかを検討してみるといいでしょう。消費者金融は審査が緩く、時間もかからずに融資を受けることができるので、すぐにお金がいる場合には最適です。銀行やクレジットカード会社では、審査に若干時間がかかったりするのですが、経営は堅く、年利も低めで安心感があります。
このように、お金を借りる所はいろいろあるのですが、自分の置かれている状況にあったところを選ぶようにしましょう。

総量規制が影響する銀行ローンの利用方法

今現在、カードローンには「総量規制対象」と「対象外」の2種類があります。基本的には消費者金融が発行しているカードローンは総量規制の対象、銀行ローンは対象外と言う認識で問題ありませんが、中には消費者金融として認識されているカードローンの中にも銀行ローンとして取り扱われるものもあるので注意が必要です。

規制の対象外である銀行ローンの場合、明確な融資上限金額がありません。もっとも、各銀行が定めている融資上限金額の範囲内という制限はあるものの、年収に対して明確に上限金額が設定されてしまう消費者金融系カードローンと比べると高額融資の可能性は高くなります。

消費者金融系カードローンでは、年収200万円の人は約70万円を上限とした融資ならば十分に可能ですが、銀行ローンの場合は100万円以上の融資を受けられる可能性もあります。

ただし、現実的に見るとその可能性は高いものではなく、規制対象外と言えども総量規制の影響を考慮した範囲で融資上限金額が設定されることが多いです。つまり、初回契約時はいずれのカードローンであっても「年収の1/3程度を上限」として開始し、その後は利用状況によって銀行系の方は増額の可能性があるという風な形になります。

必ずしも増額が実現できると言う訳ではありませんが、ある程度高額な融資を希望していて、時間的猶予があるのであれば必ずしも目的ローンや公的資金などを活用しなくとも十分に対応できる可能性はあります。

カードローンの返済について

カードローンの返済について、よくある質問にお答えしましょう。
カードローンでは返済を確実に続けていくことが重要です。
借入前に、返済に関する疑問は解決しておきましょう。

Q.まわりにカードローン会社の支店がないのですが、返済はどうすればいいのですか?
→A.近くのコンビニなどで返済可能、振込や口座振替も利用できます。

カードローンの返済は、なにも支店に直接赴くだけではありません。
多くのカードローンでは、様々な返済方法が準備されています。
まずは、内容をしっかり確認して自分に合った返済方法を選択するようにしましょう。

近くのコンビニやショッピングセンターに備え付けのATMでも返済できることが多いです。
操作も簡単で、コンビニでは深夜まで稼働していることが多いので非常に便利です。
ただしカードローン会社によっては別途手数料がかかることもあります。
また提携先の状況で利用時間が決まっていることも多いので注意しましょう。

カードローン会社があらかじめ指定した金融機関の口座に返済金を振込こともできます。
振込手数料が必要ですが、近くにATMが無い場合などには便利でしょう。
「うっかり振込するのを忘れそうだ」という方は、自分の口座からの自動振替を利用してはどうでしょうか。
毎月決められた日に自動的に引き落としが行われます。
くれぐれも口座残高不足にならないように注意しましょう。

Q.返済額を間違えて多めに振り込んでしまいましたが、返してもらうことはできますか?
→A.可能ですが、手数料が必要になる場合もあります。

各金融機関では、振込先や振込金額を間違えた場合、振り込んだ先に依頼して手続きを戻してもらう「組戻し」という手続きがあります。
カードローンの返済金額を間違えて多めに振り込んだ場合でも、基本的にはこの組戻しの処理を利用できます。
取扱した金融機関に申し出ることで、たいていの場合は全額返却に応じてくれます。

しかし、カードローン会社によっては、毎月の指定金額以上の振込があった場合、自動的に「繰上返済」とみなして処理される先もあります。
振込から時間がだいぶ経過してしまうと、すでに繰上返済分として処理されてしまっていることもあります。
この場合には組戻しの処理ができませんので注意しましょう。

また組戻しには、金融機関に対して手数料が発生する場合もあります。
多少の誤差がありますが、たいてい800円程度の費用負担となります。
また間違えて振り込んだ際の振込手数料は戻ることはありません。
このようなことのないように、振込金額は間違えないように、何度も確認するようにしましょう。

Q.契約時に決定された返済方法を変更することは可能ですか?
→A.会社に対して手続きを行えば可能となる場合が多いようです。

最初に決めた返済方法をどうしても変更したい、という方も多いのではないでしょうか。
よくあるのが「返済日」の変更です。
給料日が変わったりした場合には、最初に設定した返済日を変更したいと考えるものです。

まずは会社に電話などで問い合わせてみるようにしましょう。
商品によっては返済日が固定されているものもありますが、多くの場合には変更に応じてもらえるようです。
特に審査などは必要なく、手続きも簡単に行うことができます。

返済額を少なくしたいという場合には、一定の審査が行われます。
その事情にもよりますが、会社ごとに対応が異なっており、手続きにも時間を要する場合が多くなっています。
逆に、返済額を大きくしたいという場合では、比較的スムーズに手続きが進んでいくでしょう。
ソニー銀行カードローン|申込から融資まではこちら