総量規制が影響する銀行ローンの利用方法

今現在、カードローンには「総量規制対象」と「対象外」の2種類があります。基本的には消費者金融が発行しているカードローンは総量規制の対象、銀行ローンは対象外と言う認識で問題ありませんが、中には消費者金融として認識されているカードローンの中にも銀行ローンとして取り扱われるものもあるので注意が必要です。

規制の対象外である銀行ローンの場合、明確な融資上限金額がありません。もっとも、各銀行が定めている融資上限金額の範囲内という制限はあるものの、年収に対して明確に上限金額が設定されてしまう消費者金融系カードローンと比べると高額融資の可能性は高くなります。

消費者金融系カードローンでは、年収200万円の人は約70万円を上限とした融資ならば十分に可能ですが、銀行ローンの場合は100万円以上の融資を受けられる可能性もあります。

ただし、現実的に見るとその可能性は高いものではなく、規制対象外と言えども総量規制の影響を考慮した範囲で融資上限金額が設定されることが多いです。つまり、初回契約時はいずれのカードローンであっても「年収の1/3程度を上限」として開始し、その後は利用状況によって銀行系の方は増額の可能性があるという風な形になります。

必ずしも増額が実現できると言う訳ではありませんが、ある程度高額な融資を希望していて、時間的猶予があるのであれば必ずしも目的ローンや公的資金などを活用しなくとも十分に対応できる可能性はあります。